コンクリート構造物の調査診断、既存建物の耐震診断、補強設計、建物調査と各種非破壊試験の(株)ダイアテック

電磁波レーダー空洞探査

 高性能コンクリート探査機(ストラクチャスキャン:SIR3000)を導入し、コンクリート内探査から地中探査までを可能としました。

多彩な周波数の電磁波レーダーを使い、コンクリート内探査から地中探査までを可能とした多機能レーダー探査システムです。

 

新技術情報提供システム「NETIS」に登録
SK.-080015-V

■主な用途

レーダー
周波数
コンクリート内探査 地中内探査 主な用途
鉄筋
探査
コンクリート
厚さ
空洞・
ジャンカ
空洞・
地下水
埋設管
2000MHz 20cm 20cm 20cm     コンクリート中の高密度
鉄筋探査可能
1600MHz 30cm 30cm 30cm    
900MHz 60cm 60cm 60cm 80cm 80cm 高深度コンクリート鉄筋探査、
浅い地中探査
400MHz   100cm 100cm 120cm 120cm トンネル覆工厚さ、空洞、
地中探査
270MHz       200cm 200cm 地中埋設管・地下水

■走行型トンネル覆工空洞探査(例)

 

使用機器の一覧
名 称 型 式 数量 仕様 メーカー
本体 SIR-3000 1 315×220×105mm、8kg GSSI社
400MHzアンテナ 5103A 1 30×30×17cm、5kg
探査深度1.5m(目安)
GSSI社
データ処理ソフト SS-Viewer 1 Windows版  応用地質

■小断面水路トンネル覆工背面空洞探査状況

 

 

 

このページのTOPへHOMEへ戻る