株式会社ダイアテック

コンクリート構造物の調査診断、既存建物の耐震診断、補強設計、建物調査と各種非破壊試験の(株)ダイアテック

既存建物の耐震診断・補強設計・建物調査診断・長期保全計画

既存建物の耐震診断・補強設計・建物調査診断・長期保全計画

既存建築物(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等)の耐震診断建物診断業務を行います。

【耐震診断・補強設計】
平成7年の兵庫県南部地震では、昭和56年の耐震基準改正前の建物で大きな被害が見られました。この経験から、昭和56年以前の建物は早急に耐震診断を行い、必要に応じて耐震補強等により耐震性能を確保することが求められています。弊社では耐震診断・補強設計のお手伝いをいたします。
1.予備調査
建物概要を把握し、調査項目を決定します。
2.現地調査
現地調査・試験により、材料強度・劣化状況等を確認します。また設計図面との照合等を行います。
3.耐震診断
調査結果を踏まえた耐震診断を行います。必要とされる耐震性能と、現在保有している耐震性能を比較して評価します。
4.補強設計
耐震性能が不足している場合は、壁やプレース等により補強を行い、耐震性能を向上させます。改修方法・箇所については、お客様のご要望をお聞きし決定いたします。
【建物診断】
建物を長期に渡り、より快適に暮らせる状態に維持するためには、人間と同様に健康診断が必要です。
経年による劣化に対して、建築・電気その他設備と、あらゆる観点から調査・診断を行います。
(地震に対する安全性については、別途耐震診断等による確認が必要です。)
1.予備調査
建物規模の把握と調査項目を決定します。
2.現地調査
防水、外壁、鉄骨部、内装、給排水、電気、EV、消火設備等の現状を調査します。
3.診断報告書
診断結果を写真を交え、わかりやすく報告します。
また、その際に適切な改修広報をご提案させていただきます。
4.長期修繕計画書
時系列的に、各部の診断時期と概算コストを提示します。
今後の修繕積立金等の計画策定に役立てていただきます。

耐震診断・補強設計の流れ

耐震診断・補強設計の流れ

建物診断

建物診断

外壁診断(打診)

外壁診断(赤外線サーモグラフィー)

建物診断状況

建物診断報告書の作成

長期維持保全計画の立案事例

建物竣工後における修繕費用及び保守点検費用を産出することによって、今後の維持保全計画の資料としてご活用いただければと考えております。